« 王将と言えば・・・ | トップページ | カマドウマ »

2008年7月31日 (木)

チャンピオンの拳

昨日の内藤選手の試合はご覧になられた方が多かったのでは??(^^)

世界チャンピオンVS日本チャンピオン

という図式でしたが、挑戦者の清水選手は健闘しましたね。
判定まで行けば確実にチャンピオンは変わっていたでしょう。。。

しかし、

逆転のKO劇。

これが世界チャンプの“拳”なのでしょう。

“重い”のです。



私の好きなボクシングマンガ、“はじめの一歩”に出てくる最強チャンピオン、鷹村守がこんなセリフを主人公の一歩に向けて言います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
チャンピオンってなぁ背中に色々なモン背負ってんだ
何人もの人間が拳にしがみついてんだ
チャンピオンの拳は特別なんだよ
同じじゃねぇんだ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


パンチの“質”が軽いとか重いとかでは無いのでしょう。
チャンピオンは周囲の期待や想い、そういうものを背負ってリングに上がるのです。
多くの人の想いが拳にしがみついているのです。
だからチャンピオンの拳は、多くの想いを乗せている分“重い”のです。

簡単には負けるわけにはいかない。

そんな気持ちを乗せた逆転KO劇だったのではないでしょうか?



試合後の亀田選手は・・・まぁ、置いておいて。。。
昨日は内藤選手の、、、
チャンピオンの底力を見れた良い試合でした。

もう直ぐ34歳、まだまだ頑張って防衛して欲しいと思います(^^)

AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com

|

« 王将と言えば・・・ | トップページ | カマドウマ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 王将と言えば・・・ | トップページ | カマドウマ »