« 初のフルマラソン、完走しました | トップページ | 弱気になった日 »

2013年12月10日 (火)

ホノルルマラソン体験記

マラソンの経過をここに残しておこうと思います。

10㎞   01:00:38(00:06:04/㎞)

Half   02:03:29(00:05:40/㎞)

30㎞    02:56:44(00:05:59/㎞)

40㎞    04:23:06(00:08:38/㎞)

FINISH  04:41:40(00:08:28/㎞)

これを見てもわかりますが、
25㎞以降は、ボロボロでした。

30㎞地点に着いた時には、もう普通に走ることはかなり厳しい状況。
痛みとの闘い。

痛みで泣きそうでしたよ。



ハワイに向かう前に走った、最後の練習では、
14㎞で、痛みでとても走れなくなりました。
右膝です。

今回なんとかハーフまでは普通に行きたいと思い、
練習よりはペースを抑えて走りました。
スタートして、5㎞地点前から、
痛みがすでに出てきましたが、
ひとり走りながら、

『気持ちいい気持ちいい』

と、痛くない場所に意識を持っていきながら、
そう言い聞かせて走ってました。


ハーフに着いた時は、

痛みはあるけど、まだ行ける


という手ごたえ。
30㎞まではなんとか持ってほしい、と思いました。


が、



もう一瞬です。
25㎞あたりで、一気に、吹き出ました。
本当に、一気にです。
初めての体験でビックリでした。

こうも、動かなくなるのか…

と感じました。

股関節が動かないのです。

走っていても、はや歩きの人と同じようなペースに落ち、

最後は痛みで踏ん張れない状態にまでなった。
ゴールが見えているのに、それが異常に遠い。

30㎞辺りからは、沿道からの『頑張れ』が本当につらかった。
もうとっくに頑張ってるから、俺。
もう頑張れないし。
そんな気持ちにもなった。

40㎞辺りのカメラマンが、

『もう少しだからね。お疲れ様』

と言ってくれた。
これがメチャクチャ嬉しかった。

頑張れ、と、お疲れ様

こうも違うのかと、感じました。



この42㎞はその過程でいろんな感情の変化が起こります。
最初の給水に失敗した際、動揺しないように意識を変えました。

もっと飛ばしたいけど、抑えよう

調子いいからもっと飛ばそう

やばい飛ばし過ぎた、抑えよう

痛い、いやいや、これはきっと気持ちがいいんだ

もうやめたい

もう二度と走りたくない

あと2㎞もあるのか

もう自分との闘いでした。
やって良かった。
一番自信になったのは、
ハーフまでは、まずまず走れたこと。
それが嬉しかった。
5月の時点では絶対にできなかったことができたのだから、
それは嬉しい。
あとは、ボロボロながらも、
42㎞もの距離を進めたことも自信になります。
やればできるな。
そういう手ごたえを得ることができました。

しばらく、痛みが抜けるまではゆっくりしようと思います。
それでも4時間切りはチャレンジしようかな。
そんな気さえしています。



今日はこれから小学校へ行き、2時間程の授業をしてきます。
なにを話すかは決めていませんが、
整体のことばかりではなく、
こういうマラソンの経験も踏まえて話をしてみようかな、とも思っています。

それにしても、
下り階段が、たいへんです。

AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com

|

« 初のフルマラソン、完走しました | トップページ | 弱気になった日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホノルルマラソン体験記:

« 初のフルマラソン、完走しました | トップページ | 弱気になった日 »