« 疲労感に負けない方法。 | トップページ | 代表は一握りの世界。 »

2014年5月11日 (日)

本質を見失わずに、伝えていこう。

今日はヨーガ道場の日でした。
体をつかった遊びの時間です。

体の固さにとらわれていても、意味がありません。

みんな、『わたしは体が固い』と言います。

でもそれは100%思い込みです。
誰と比べて固いのか。
人と比べることに、意味はありません。

『昔に比べて固くなりました』と落ち込む必要もありません。

むしろそれを知れたことが、たいせつです。
もっと言うと、どこがどのようにどのくらい固くなってかを体感し、変化を確認していくのがヨーガアーサナです。
続けていけば、柔軟性もいつの間に出てくるものです。



こないだ、『ヨーガに通ったけど痩せれませんでした』という方が施術を受けに来ました。

本質を見失うと、こういう表現にならざるを得ないのがちょっともったいない。

『ヨーガをする』というのは、『自分を見つめることをする』、ということです。

自分を見つめることで、自分が痩せるために今必要なことに、気づけます。
本当はそこにヨーガの本質があるのです。

ちょっとむずかしいかな。
でもそこを失わずに伝えていきたいので、そこはしっかり伝えていかないと。
テクニックを学んでも、あまり意味がないように思います。
たくさんのアーサナを覚えるよりも、ひとつを徹底してやる方が、気づくことが多いです。



大人になるといろんな先入観を持ちます。
ヨーガをしていくと、それがクリアーになるように感じます。

体の可能性にも気づきます。
いかに、日々、呼吸が速いかに気づきます。



今日は11歳のバレリーナ、ミカちゃんもお母さんと一緒に参加。
ヨーガをやっていったら、バレエでの体の使い方もうまくなるだろうね。
お母さんのユキコさんもたのしかったみたいで、『また来たい』と言ってスッキリした顔で帰って行きました。

それを見ていた、施術を受けにきたキョウコさんが、『わたしも来たかったな』と言っておりました。


今日参加した方は、開脚だけでも続けてみて下さいな。
開脚するだけで、体にはたくさんの変化が起こります。
それを、観察してみてね。



6月は、断食ヨーガの他に、1回開催できるかな。

AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com

|

« 疲労感に負けない方法。 | トップページ | 代表は一握りの世界。 »

ヨーガ研究会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本質を見失わずに、伝えていこう。:

« 疲労感に負けない方法。 | トップページ | 代表は一握りの世界。 »