« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

『あの人だったらどうするか』と考え、行動していこう。

 上に立つ者も、孤立していたらモノゴトはうまく進みません。
 周囲の協力あってこそ、モノゴトは円滑に進みますし、苦しい状況も切り抜けていくことができます。

 

 


 映画【猿の惑星-新世紀-】を観ました。

 以前読んだ、『騙し合いの法則~生き抜くための自己防衛術~』という本を思い出しました。
 野生の動物社会には当然のごとく、順位があります。
 上下関係です。
 強いものが上にたつというルールです。
 しかし、上に立つリーダーが必ずしも“おいしい思い”ばかりをするかと言えば、そうではありません。
 下の者同士が協力関係をつくり、順位は変わらずとも、リーダーの邪魔をするわけです。
 下の者同士にも、当然ながら上下関係があります。
 常に下剋上を、狙っています。
 リーダーでありながら、孤立していく場合があります。
 もはやリーダーとは、言えない状況です。
 上に立とうが、動物社会では、孤立すれば生きてはいけません。
 動物社会においては、孤立こそ避けなければならない、最大のコトなのです。

 


 映画に出てくるシーザーは、厳しくも優しい、熱い魂をもったリーダーです。
 
 
 
 
 常に周囲の状況を俯瞰し、仲間を守ることを考えているのです。
 今のことだけを考えて行動をしません。
 その先の未来を見据えての決断を、その場で下します。
 
 
 まずは自らが、仲間を信頼しています。
 仲間の裏切りも、自己責任ととらえています。
 どんな理由であれ、他の仲間を危険な状況に巻き込んだことを嘆きます。
 
 
 力で恐怖を植え付け従わせるのではなく、仲間を思い続けたことで培われてきた信頼が、最大の力となります。
 ピンチの時、『シーザーがいてくれたら』と誰もが思う存在なのです。

 シーザーから、リーダーのあるべき姿を感じました。
 やはり強いリーダーは、人称が果てしなく高いです。
 1人称のリーダー(になろうとした猿)VS高貴なる者としての義務を果たそうとするリーダー(シーザー)の差が、如実に描かれている映画です。
 高貴なる者としての義務を果たすリーダーに、仲間は命を懸けてもついていきます。

 上に立つ者は、孤立していたらモノゴトはうまく進みません。
 周囲が自然と協力たくなる存在になってこそ、苦しい状況も切り抜けていくことができるのです。

 


 

 P.S.
 ノブレス・オブリージュを、当たり前に受け入れている人が、リーダーになのですね。

 AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月29日 (月)

『慣れる』という習性を利用して、飛び込もう。

 自分を少しずつ変えようとするよりよりも、一気に地獄の底にまで追い込んでみる方がいい。
 あえて自分を極限に緊張する場所に追い込んでみることで、また違った世界が観えるものです。


 治療家仲間のさっちゃんが、ポールダンスの初舞台に、私としのぶさんを招待してくれました。
 習い始めて3か月程で、いきなり人前でダンスです。
 
 しかも、ポールダンスです。
 勇気のいることです。

 私は開業以来、トイレ掃除をいつも素手でやります。
 最初は抵抗がありましたが、おもいきってトイレに手を突っ込むと、『なんだこんなもんか』です。
 手を洗えば済むことです。

 人前に出ることも抵抗がありました。
 自分から前に出たのは高校生の頃のバンドが初めてかもしれない。
 『失敗したらどうしよう』という気持ちとの闘いでした。
 毎日必死に練習しました。
 うまくなったら出るという気持ちでは何もできません。
 『できないけど、できると言って、やっちゃおうか』が一番人生を加速します。
 時短で成長を手にすることができるのです。

 終われば、『やってよかった』と思えるものです。
 やらなければ、できた部分も、まだまだな部分もわからないからです。
 観えなかった世界を、観ることができるのです。



 やってみると意外とやれるもんだなぁ。
 たいしたことなかったぞ。
 

 そんな体験は誰にでもひとつふたつあるハズです。
 これはカウンセリングでいう、『フラッディング』と呼ばれる手法です。
 洪水という意味です。
 洪水のように湧き上がる不安や怖さも、その場を体験していくと、慣れてしまうのが人間なのです。

 皆さんは最近、極度に緊張するような場面に遭遇しましたか。
 あえて自分の身をそんな場に置いてみる。
 すると意外な自分の一面に気づいたりするものです。

 
 きっとさっちゃんは、舞台後、最高にうまい酒を飲めたことでしょう。
 私もまだまだ、自分から飛び込んで行こうと決めました。
 洪水のように不安や恐怖が襲ってきても、慣れちゃうんだからいいでしょ。
 やってみたいことは、どんどんやってみることです。
 私には無理かな、と思う話がきたら、あえて手を挙げてみることです。



 自分を少しずつ変えようとするよりも、一気に地獄の底にまで追い込んでみる方がいい。
 あえて自分を極限に緊張する場所に追い込んでみることで、また違った世界が観えるのです。



 P.S.
 緊張感のある場に自ら行ける人は、セクシーです。

 AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

関節エステセミナーを開催しました。

 セラピスト・整体師向けの関節エステセミナーを開催しました。
Dsc_0158
 今回は前回までの内容から一新です。
 テーマは、姿勢と美脚でした。
 美脚でも、骨盤からみていくことで、小尻やくびれにも有効なアプローチです。

 セラピストの方と、治療家の方も参加されました。
 遠く沖縄からも、偶然ホームページを観て参加された方もいます。
 これもご縁ですね。
Dsc_0080
 姿勢は、背骨をどうにかすればいいわけではありません。
 肘の状態ひとつで変えられます。
 そんなところから入りました。
Dsc_0255

 セラピストの方はオイルを使う前に関節アプローチをすることで、変化を体感してもらえます。
 変化を感じてもらってから通常のアロマや、エステを行うことで効果の底上げは確実にできますし、常連のクライアントさんも喜んでくれることでしょう。
 さらに姿勢も美しくなるトリートメントとして、プラスアルファのコースをつくるのもいいですね。
Dsc_0531
 レジュメで確認しながら、覚えよう。

 今回は柔整師の方の初参加もありました。
 短時間でも効果の出る自由診療の枠をつくることを目的に参加されたようです。
 もちろん痛みやコリ感などの、つらい症状への対応はバッチリです。
 そもそも、それ用の手技ですからね。

 もともと私の治療院には女性施術スタッフがいました。
 力を使わずに、ボキッという背骨の矯正術は、女性でも練習すれば、十分できるようになるのです。
 セラピストの方には目新しかったようです。
 『ワッ、なった~』と、感動していました。
 矯正音って、はじめて鳴らせられると、うれしいものです。
 私も学生の時、そうでした。
 女性でも練習すれば、十分できるようになるのです。
 きちんと検査をしてから行えば、安全にできます。



 今回も伝える側の私も勉強になりました。
 セミナー終了後、スタッフのしのぶさんと次回以降の修正点をさっそく挙げました。
 いくつも見つかりました。
 細かい点もしっかりとやっていこう。
 技術の部分でも、やはりおもいついたことが出てきました。
 次までにこちらもレベルアップしておきます。

 P.S.
 セミナーを通じて、受講生同士のつながりが生まれるのも、うれしいですね。
Dsc_2936
 P.S.2
 
 共に成長した姿で、また会いましょう。

AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

まだ見ぬ力を、信じよう。

 ご縁があり、ダイアログ・イン・ザ・ダーク(以下DID)の元スタッフさんが施術を受けに来ています。

 施術中、自然と五感の話になります。
 
 

 DIDのアテンドスタッフさんは、足音だけで誰が近くに来たのかがわかるようです。
 また、足音で、性格が見えてしまうという話を聞きました。
 他にも、その空間で『パンッ』と音をたてることで、『あ、〇〇さん居たの』と人がいるいないの判断できてしまう方もいるそうです。
 

 聴覚で、見えているわけです。 

 偶然、五感の本を読んでいたのですが、まったく同じようなことが書かれていました。
 これを、“エコロケーション”というのだそうです。
 こう書くと特別な能力のように思いますが、私たちも無意識にこのようなことを感じとっているのだそうです。
 例えば、はじめて行く場所の地図を見ながら歩く時、周囲を見ていなくても車や人の足音を聞きながら、人やモノを避けながら歩けます。
 よくスマホをいじりながら歩いている人もいますが、人にぶつからずに歩いています(もちろん、周囲の人もよけてくれているわけですが)。
 これもエコロケーションなのだそうです。
 音から空間を把握しているわけです。
 ただ視覚に頼れない方にとっては、その“見える能力”が圧倒的に高いということなのでしょう。

 
 8月に観に行ったエンパイアもそうでしたが、人間の隠れた能力というのは計り知れません。
 必要と思い、使うことで、潜在能力は開発されるのです。
 便利になればなるほど、失う能力も多いように感じています。
 まずは、自分のまだ開発されていない、隠れた能力があることを、信じることではないでしょうか。
 自分の体を使い、感覚を高めていくことを、たのしもうと思います。 

 P.S.
 スマホはなんでも調べるのに便利ですが、時に手放してみると自分の頭で考えることも増えますね。
 スタバに行く時と、仕事が終わり家に帰る時は、スマホを院に置きっぱなしにしています。

 AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

下心は、最高の原動力となる。

 嫌いだな、と思うこともやってみると、そうでもないことがわかります。
 本当に嫌いか、確認するためにやってみる。
 そんな視点を持ってみるのも、人生をたのしむひとつの見方です。
 嫌いなことも適当に続けていると、意外に好きになることもあります。




 腹筋を連続100回できるようになりました。
 今日は101回、やりました。
 連続100回は人生ではじめてのことだと思います。

 そもそも筋トレは大嫌いです。
 キツイからです。
 でも、やっぱりカッコイイ体でいたい。
 そう思ったら、やりたくなったのです。

 10年後の自分のイメージをしました。
 40代中盤の方でも、芸能人は体を鍛えています。
 例えば、B’zの稲葉さんや、元EXILEのHIROさん。
 こないだ映画で観た、阿部寛さん。
 皆さん腹筋が割れていてカッコイイです。

 自分も腹を割ってみたいと思いました。
 いままで腹がきれいに割れたことはありません。

 6月から、走ることと筋トレを継続しています。
 最近薄っすらと割れてきました。
 目標の割れ方とは程遠いわけですが、ちょとした変化がうれしいです。



 健康のための運動は続きません。
 本来運動は、自然と動きたくてするものだと思うのです。
 運動嫌いと思い込んでいる人も、本当はそうではないと思います。
 子供の頃の経験から、そう思い込んでいることがほとんどでしょう。
 『私は運動神経ないから』みたいな。
 そんなことを、人に言われて思い込んでいるのです。
 体を動かすことは、たのしいものです。
 変化もうれしいです。

 私の場合、ただカッコつけたくて運動しています。
 言うならば、下心です。
 健康のために運動など考えたことがありません。

 運動は健康に悪い、という本もありますが、そもそも視点が違うのです。
 健康になるために運動などしていません。
 仮に健康に良くないとしても、カッコよくなれるならやりたいのです。

 やりたいから、やっているのです。

 トライアスロンをやっている人は、健康のためにやっているのでしょうか。
 もしくは、トライアスロンのようなハードな運動は不健康だ、なんて言われて、止めるでしょうか。

 そんなことは、ハナからどうでもいいのです。

 運動すると活性酸素が増えて老けるなんていいます。
 それは知識としては正解なのでしょう。
 知識は所詮知識です。

 私としてはメンタルが老けることの方が大問題です。
 メンタルが老けたら、終わりです。
 10年後も20年後も、チャレンジする生き方を選びます。
 もちろん、その形は体力と共に変わるだろうけれど。

 たのしみ方を見つける方が重要です。
 自分で工夫をしてたのしむのです。
 私は走りながら、安全を確認し目を瞑ったりします。
 どれくらい目を瞑って走れるか、肝試し感覚です。
 その距離が徐々に伸びていくのも、走るたのしみのひとつです。

 どんなことでも、たのしみ方を見つけると、勝手に続くのです。



 嫌いだな、と思うこともやってみると、そうでもないことがわかります。
 本当に嫌いか、確認するためにやってみる。
 そんな視点を持ってみるのも、人生をたのしむひとつの見方です。
 嫌いなことも適当に続けていると、意外に好きになることもあるのです。



 P.S.
 次のステップへ行くために、ちょっと腹筋のやり方も変えています。
 ちなみに、腕立てはやはり得意ではありません。
 それでもやり方をアレンジしながら、たのしみながら続けています。

 AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

生き抜くことが、本当の強さ。

 時代は変われど、武士としての誇りは捨てない。

 映画【柘榴坂の仇討】を観ました。
 内容には触れぬよう書きますので、ご安心を。

 るろうに剣心の原作アニメも、いま観ています。
 この時代を描く作品に共通すること。
 武士としての生き方や死に様が大きなテーマとして描かれていること。

 死を持って償うという考え方。
 生きることで償うという考え方。

 柘榴坂の仇討にしても、原作の剣心にしても、生き抜くことはけっして容易いことではないことを教えてくれているようにも思います。
 逆に言えば、自ら死を選択するなどあり得ない。

 『死ぬことなど、いつでもできる』

 剣心の師匠は、剣心に『生きろ』というメッセージを伝えます。



 柘榴坂の仇討にも、そんなメッセージが込められていることを感じました。
 死んで償うことよりも、いろんなものを背負いながらも、真っ直ぐに生き抜くことの方がよっぽど厳しいことなのです。



 私たちは、死んだように生きていてはいけない。
 いや、そんな風に生きていたらもったいない。

 この映画を観ていて、そんなメッセージを受け取りました。

 時代は違えど、私たち日本人には武士としての血が流れています。
 私のご先祖様の写真をあらためて観ました。
 顔つきから強さを感じます。
 

 今を懸命に、真っ直ぐに生き抜く。
 それこそが、本当の強さなのだと感じました。


 P.S.
 最後の柘榴坂のシーンは、緊張しました。
 その柘榴坂を通って、五反田に帰ってきました。

 AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

わからないことを、たのしもう。

 芸術に触れると、自分の中にある創造意欲が湧いてきます。
 私は自分で何かを生み出すというのは、得意ではありません。
 美術館は、そんな自分にも『やれる気』をくれる、最高の場所だと感じています。



 ヴァロットン展に行きました。

 美術のことはよくわかりません。
 わからないけれど、おもしろいです。
 必ず、いいな、と思う絵に出逢います。
 なにがいいの?と言われても、その景色、とか、色づかい、とか、その不思議さ、としか言いようがありません。
 細かいことはよくわかりません。
 でも、おもしろいのです。
 わからないなりに、少しずつ勉強します。
 関連する本を読んで、その画家の背景を知ります。
 そうすると、同じ絵でも、また違う印象を受けるのです。

 いろんな絵を観ていて、自分の好きな絵の特徴を発見しました。
 ひとつは、風景画が好きです。
 特に海や、空が描かれたものが好きなようです。
 もうひとつは、不思議な印象を受ける絵が好きです。
 ん?と思うような絵です。
 あとはほとんどスルーします。

 最近は音声ガイドをつけて廻ります。
 代表的な絵の解説をしてくれるから、わかった気になれます。
 それもたのしみ方のひとつです。
 すべてを理解しようとしても、それは無理です。
 全部解説を読もうとすると、かなり疲れます。
 そんなことしなくて良いのです。
 好きなものから、その“感じ”をなんとなくキャッチする。
 その感じを、自分なりに言葉にしてみる。
 それをノートに書いておく。
 それで充分、絵画をたのしめています。



 今回初めて行った三菱一号館美術館は外国にきた気分になります。
 とても好きです。
 周囲にはテラスカフェもあり、思考作業もはかどりそうです。
 今日は祝日で混んでいたので、平日にまた行こうと思います。
 来年の行動と目標設定はここでやろうと思います。

 P.S.
 当院に通うナオコさんもよく美術館に行くそうです。
 おススメの美術館をいくつも教えてくれました。
 次はそこに、行きます。

AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

今を大切に、と口で言うのは簡単だけど。

高校のバスケ部時代の仲間と、17年ぶりの再会。
当時の話をしながら、いろんなことを思い出します。

35歳。
すでに亡くなっている同級生がいます。
正直、聞いてびっくりします。
え、あの子が?と。

生きてることが当たり前ではないんだなと、思います。
自分だけは死なないと、そう思いがち。
死が、ピンとこない。
それは人間の習性かもしれない。
今が健康であれば尚更。

でもそうではない。
私たちは確実に死にます。

高校時代の思い出に、私の中にはその子がいます。
高校はイイ思い出ばかりではないと思っていたけど、少なくともその子はイイ思い出を、私に残してくれていた。

今を大切に生きるとか、口では簡単に言えるけど、そんなに簡単ではないと思っている。
よく時間を浪費している私には、とても言えない。
でもやはり、生きた証を残したいというのは本音だ。

その子が残してくれたちょっとした思い出。
それも当時のダメダメな自分には嬉しかったこと。
自信になったこと。

人は誰かの力になりたいのだと思う。
そうやって生きていきたいのだと思う。
意識してなくても、必ず誰かの力にもなっている。
当時、その子が私に力をくれたように。

今こうして生きていることは、本当に幸運なこと。
生きているということは、まだやることがあるということ。
役割があるのだ。

やること、やらないとな。
昨日より今日。
今日より明日。

明日より、今。

P.S.
いまやること、見つけました。

AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

迷っている時間はない。

高1の終わりに、私はバスケ部を辞めました。
卒業する時、卒業アルバムを見ながら、そのことを少し後悔したのを覚えている。

当時のバスケ部の仲間が連絡をくれた。
偶然LINEに私の名前が上がっていたようです。
いまってすごいですね。

17年ぶりの再会。
みんなよく当時のことを覚えている。
話しながら徐々に記憶がよみがえってくるからおもしろいです。
3年間続けた彼らにも、彼らなりの葛藤があったことも知る。
今となっては、すべてがいい想い出。
過ぎればすべて想い出となる。
そう思うと、なんでもやらないとね。
迷っている時間がもったいないと思います。
今やらないと、やらなかった後悔しか残らないから。

しかしみんないいおっさんになってきたなぁ。

Dsc_2929

P.S.
またバスケがしたくなりました。

AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月19日 (金)

先の不安を感じるのは、今に集中していないから。

 もし、誰ひとりとして信じられない状況になったら、自分はどんな行動をとるのだろうか。
 自分に容疑がかかったとしても、自分を信じぬいてくれる人はいるのだろうか。

 映画【フライト・ゲーム】を観ました。
 飛行機の乗客全員が、容疑者です。
 映画を観ると、自分だったらどうするんだろう、を考えます。
 映画の中で起こることは、日常にも置き換えられます。
 身に覚えのないことを疑われた経験は、多かれ少なかれ誰にでも一度くらいはあるでしょう。
 『私はやっていない』と言えば言うほど、疑われてしまい兼ねない状況です。
 素の部分は、何気ないやりとりの中からにじみ出ます。
 イチイチ語る必要はありません。
 言葉で正当性を語ると、嘘っぽく聞こえます。
 言い訳とまったく同じです。
 

 状況の打開に言い訳せず、目の前のできることから始めます。
 可能性をひとつずつあたっていくのです。
 主人公は先のことなど考えていません。
 いま目の前のことに、完全に集中しています。
 自分の先々のことを考えている間に、犯人にやられてしまいます。
 自分の正当性を主張している間に、人生が終わってしまう状況なのです。
 



 先日、老後の心配をしている20代前半の女性がいました。
 『老後の貯金どうしよう』と真顔で言っていました。
 今に集中すればいいのではないだろうか。
 先々のことを考えている間に、人生が終わってしまうこともあります。
 フライト・ゲームの主人公だったら、いま目の前にある不安要素をひとつひとつ潰していくのだろうと思います。

 誰も信じてくれなくても、やり抜く覚悟で臨む背中に、たった数名がついてきます。
 そんなことをこの映画からキャッチしました。

 P.S.
 狙わずとも、何気ないやりとりからにじみ出る、その人の優しさ。
 それを感じた人だけが、最後まで信じぬいてくれます。
 誰も見ていないところで、なにをしているのか。
 実は見られていますね。

 AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

騙されたと思って、試してみよう。

 マサコさんはいつの間に、ランナーになっていました。
 毎晩10~15㎞走っています。
 来月ハーフと30㎞、再来月はフルマラソンの大会に出るそうです。
 本格的に走り始めたのは6月ごろからというから、なかなか勇気がありますね。

 走った後は水風呂がいいよ、と伝えると、『シメられた感じでした。根性です』とfacebookにメッセージがきました。
 すぐにやってみるところがスゴイです。
 普通はやりません。
 やらずに無理と言うのと、やってみての無理とは、天と地の差があります。
 たった1回でもやってみると、その1回の感じを自分の言葉で語れます。
 『らしいよ』話が多い中、本当に経験している人の話は真実です。
 やってみたことの受け取り方は、100人いたら100人違います。
 それでいいのです。
 私はいつも『最高に気持ちイイよ。疲れが残らないから』と伝えています。
 これと真逆な答えがあっても良いわけです。
 これでマサコさんも、水風呂を語れますね。

 私も今朝、10日ぶりに6時から35分間走り、久し振りに水風呂しました。
 体の細胞が、一気に目覚めます。

 P.S.
 途中、白金台の公園でラジオ体操を大勢でやっているのを見つけました。
 今度時間を合わせて参加してきます。

 AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

抜け殻になった日。

ずっと寝続けた定休日。
午前中に歯医者に行き、その後、夕方まで寝てました。

こんなに寝たのはいつ以来だろうか。
先週は歯が(顔が)激痛で、眠れない日が続きました。
痛み止め飲んでも1時間おきに目が覚めてたから。
今は痛みなし。
普通に眠れることがどれだけありがたいことか。



夕方から久し振りにスタバで読書。
あれだけ寝たのに、途中ソファでまた寝ることに。
完全に抜け殻状態でした。



明日は朝かるく汗を流そうと思う。
それから仕事に行こう。
しばらく力むのを止めます。
いまは自然に身を任せていたい気分です。



そういえば、歯医者さんでマウスピースをもらう。
それと一緒に、まさかのポリデントももらう。
マウスピースは週に1回、ポリデントで洗浄するそうだ。
35歳にしてポリデントのお世話になるとは。
考えてもみなかったのだが。

今後薬局でポリデントを買うのはちょっと嫌だな。
ネットで買うか。

P.S.
何年もきつかった知覚過敏が治療でどんどん楽になっています。
ツライ人は、良い歯医者さん、ご紹介します。

AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

ひとつひとつ、越えていける。

今回の歯の痛みは、どうやら歯ではなかったようです。
鑑別診断の大切さを、身を持って体験しました。

もちろん歯に沁みる部分があるのですが、それ自体はかなり軽減しました。
月曜日から木曜日にかけてがピークで、右の顔面に激痛がありました。
その激痛も、顔なのか歯の痛みなのかわからないのです。
麻痺感はまったくなく、顎関節も動かしても痛くない。
ただ、その動かした後に強烈に響くように激痛が右の顔面や歯を襲ってくるのです。

三叉神経痛だともっと麻痺感が出るとのこと。
ヘルペスも疑いも晴れました。
顎関節の痛みでもなさそう。
顎関節周辺の筋肉の触れると気持ちがイイと思いきや、ちょっとズレると頭にまで響くように痛みが走ります。
うずくまり、涙が勝手に出る痛みでした。

歯の痛みなのか、顔の痛みなのか、火曜日あたりからわからなくなりました。
感覚的には歯が痛い感じです。
水曜日、ハッキリしました。
これは歯じゃなさそうだな、とあまりの痛さにそう感じたのです。
声も頑張らないと出ない感じでした。
歯茎に触れてもなんともありません。
顔と耳の裏を冷やすとかなり気持ちがよく、開放感があります。

『これは完全に筋肉をやられてたんだね。』

そう歯医者さんが伝えてくれました。



お陰様で今日はかなり軽減している感じです。
昨夜は痛みでボルタレンを飲んで眠りました。
やっぱり夜にかなり痛みが出るようです。

でも今朝からは明らかに昨日までのその感じとは違っていて、頭重感はあるもののかなり快適に過ごせています。
痛みで眠れぬ日々が続いていたので、いまさら眠気に襲われています。

病状から、あらゆる病気の可能性がありました。
それをひとつひとつ潰していってくれることが安心感につながりました。
下手すれば神経を抜いたり、抜歯したりという治療になっていたかもしれません。
痛みはつらいものですが、歯の痛みは慎重に見てくれるお医者さんにかかるべきだと感じました。

火・水・木と、激痛の出ている状態での歯医者さん通いで、『ホント、お役に立ててないようで、ごめんね』と先生に言われてしまいましたが、まったくそんなことありませんでした。

行くだけでこの人ならなんとかしてくれる、と思えたからです。

実際歯の沁み方は月曜日と比べ物にならないほど軽減していますから、長いこと気になっていた知覚過敏もこのままいけば良くなるように感じています。

だからあとは顔面の時折襲ってくる激痛のみ。
食べると激痛に襲われることが多いので、普段断食などで食べないでいることに慣れているから、それは良かった。
寝る前の噛み締めない暗示も、けっこう効く感じで、昨日今日は朝起きた時に噛み締めはなかった感覚です。
来週にはマウスピースもできるから、今後はそれで対応はできますし。



今日は痛みからかなり解放され、心が外の天気のようです。
夕方、歯医者さんに、『かなり楽になってきました』と伝えられるのがうれしいです。

明日からメジャープロジェクトの合宿です。
今回私は問題の山積み状態です。
仲間にかなり迷惑をかけてしまっています。
間に合ってよかった。

担当主治医に土日泊りがけで出かけることを告げると、『こんなの異例なんだけど』と、大量の痛み止めを処方してくださいました。
なるべく飲まないようにするけど、これで安心です。
大丈夫。

生きているといろんなことが起きますね。
今回の激痛体験から本当に多くのことを学んでいます。
そもそもこんな痛みがあるのか、と思いました。
健康で生きていけることは本当にありがたいことです。

P.S.
頭重感が、心地よいくらいです。

P.S.2
夕方の歯医者が、たのしみです。

AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

痛みの観察で気づくこと。

 自分の体の痛みも、観察するおもしろさに変えることです。
 治るまでの痛みの変化を追っていくのだそうです。
 これはヨーガの先生である成瀬先生に教えて頂いた、痛みの愉しみ方です。



 日曜日。
 セミナー後の懇親会が終わり五反田に帰ってくると、歯が痛くなりました。
 たまにあった痛みなのでそんなに気にしていなかったのですが、その日はいつものように直ぐには治まらず、一睡もできませんでした。
 次の日かかりつけの歯医者さんにいき、数か所風をあてるとかなり沁みる状態でした。
 痛みが酷くその日からクスリが手放せなくなりました。
 

 火曜日もう一度診てもらうも、先生に迷いの表情。
 『虫歯も隠れてあるのかもしれないなぁ、抜くことも考える必要があるかもしれないね。』
 先生の表情から、不安になりました。
 

 その日の内に、紹介を受けていた歯医者さんにハシゴしました。
 痛み方が普通ではないので。
 すでに注射を打っている状態だったので、その旨を正直に電話で伝えました。
 それでもいいですよ、との回答でした。
 
 

 やはり、強烈な知覚過敏という診断でした。
 ただ、『虫歯は一切ないよ。』とのこと。
 『今までダメになってきた歯のほとんどは、噛み締めによるものだよ。今まで君は虫歯はほとんどなかったハズだよ。』と、口を観て数秒でそう先生が言いました。
 先生の態度と笑顔で、一気に安心します。

 その日の夜も痛みで何度も目が覚める状態でしたが、安心感はありました。
 とにかく、言われた通り、噛み締めないように寝ました。

 
 今日も診察を受けてきました。
 
 
 『今日でハッキリしたのは、この痛みは歯だけのものではないことだね』と先生が言われました。
 この激痛は知覚過敏による痛みとは『別者』とのことです。
 たしかに風をかけると歯が強烈にしみるわけですが、それ以上に右の顔がすでに痛い。
 今日は場所の特定が難しく、耳や筋肉に痛みが出ている感覚が朝からあったのです。
 これが、もう耐え難い痛み。
 ジッと診察台に寝ているのが辛く、動きたくなるのです。
 ジンジン痺れのような感覚も、遠くにあるような、ないような、表現がむずかしい。
 呼吸も意識しないと早くなります。
 『ちょっと歯の整体みたいなことするよ』とやってもらうと物凄く気持ちが良い。
 顎関節周辺がかなり緊張状態にあるようで、昨日よりもかなり緊張しているとのこと。
 ただ口が開かないわけではない。
 開け閉めは普通にできるわけですが、耐え難い痛みが顔にあるのです。

 おいおい、三叉神経痛じゃないだろうな、と心の声。
 三叉神経痛を調べると、発生機序に近しいものを感じます。
 わからずに、何本も歯を抜かれてしまうケースもあるようです。
 気を付けましょうね。
 ただの炎症であってほしい。
 明日先生に確認します。

 ボルタレンを飲み、夕方以降の施術。
 今までの体験上、体調の極端に悪い日は、予約はMAXになります。
 これもちょっとした試練です。
 ただ今回のこの痛みは、ジッとしているよりも動いていたい感じ。
 施術をしている方が、紛れて楽な感じがするのです。
 これが風邪や胃痛などの辛さとの違いですね。
 

 歯を噛み締めないことを意識しながら施術。
 でも笑うと痛い。
 こんな体験、はじめてです。
 高校生の頃、一度だけ顎関節が痛くなり、口が開かなくなったことがありました。
 何れにせよ、ひとつひとつクリアしていくしかないようです。
 痛みというのは、ものすごいエネルギーです。

 『人の経験する最強の痛みってなんだろうね』と施術中の会話。
 出産かなぁ、というところに落ち着きました。

 今も書きながら、ものすごい肩をすくめていたこと。
 首に力が入っていたこと。
 痛みがまた強くならないか不安を感じていること。
 夜眠れるかなぁ、と考えていること。

 そんなことに気づく。
 痛み止めも効いてくるまでの感じを観察すると、効く瞬間ってあるんですね。

 治療家の方はわかると思いますが、口に指を入れ、外側翼突筋の方に小指を滑り込ませマッサージすると、非常に気持ちがイイです。
 これも少し痛みが紛れます。
 咬筋群を緩めれば、なんとかならないだろうか。


 P.S.
 こうしている今も体や心は常に動いています。
 冒頭の痛みの観察というのは、なかなか厳しいものがありますが、たしかに体も心も激変しているのはわかります。

 AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

手当ては、人の心まで、癒します。

 藤巻先生のストレスケア・タッチメソッドは、人の手の温かさを感じれるセミナーでした。

 私たちの仕事は手が命です。
 昔から“手当て”と言われますが、痛みのある場所には自然と手が向かいます。

 私は昨夜から歯が激痛で一睡もできませんでした。
 本を読もうが、筋トレしようが痛みで落ち着かず、とても眠れません。
 水でうがいをすると、強烈に沁みます。
 その強烈に沁みたあとだけ、痛みの閾値が上がるからか一瞬痛みが和らぎます。

 自然と痛みのある部分に手がありました。
 手を当てているだけで当てないよりは痛みが楽になります。
 基本が奥義だなと、あらためて感じます。
 (今は歯医者さんに行って、痛み半減。かなり楽になりました。365日射水語録)

 エネルギーポイントに手をおくだけで、筋肉に力が入るようになります。
 目に見えるコトだけでものごとを判断すると見誤ります。
 治療家という以前に、誰もが当たり前にやっている“手を当てる”ということだけで、力を感じれますし、体も楽になります。
 受けていると、フッと力が抜ける感覚です。
 実は誰もが人を癒す力が備わっています。
 そういう意味では誰もが治療家なのです。
 受講しながらそんなことを感じました。

 治療家の方であれば、今まで技ばかりを磨こうとしていた人は、本来持つ人の手の温かさに気づくでしょう。
 体感してほしいと思います。
 もちろん一般の方も。

 昨日はスタッフのしのぶさんと受講しに行きました。
 しのぶさんは2回目の受講です。
 院内で、さらに活躍の場が増えそうです。

 P.S.
 手当ては最強の手技ですね。

 AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

『ヒーローになりたい』と、言おう。

 ひとつの作品を生み出すために、裏では大勢の方が動いています。
 表の華やかさを演出するために、舞台裏で多くの人が駆け回っているのです。


 映画イン・ザ・ヒーローの中で、唐沢寿明さん演じる主人公、本城さんが一番はじめに新人俳優に伝えたことです。

 『主役を演じるのであれば、その舞台裏までしっかり見ておけ』

 そんなメッセージです。

 ちょっとした小物ひとつ創るのに、裏方スタッフは何時間も費やしています。
 新人俳優にはそれがわかりません。
 自分の場面さえうまく演じれば、それでいいと思っています。
 一方で、本城さんは自分の出番以外の部分まで台本を読み込んで一瞬のアクションに臨みます。
 そんなひとつひとつの姿勢に触れ、生意気な新人俳優の目の色が変わっていきます。



 本城さんは、夢を持っています。
 だから人の夢を笑ったりしません。
 真剣に、『お前、いい夢もってんな』と真顔で喜びます。
 生意気な新人俳優には、そのひと言がおもいっきり響くわけです。

 ハッとさせられました。
 考えてみたら、今、なかなかそんな人もいません。

 『イヤイヤ、お前そんなのムリっしょ』と冷ややかな反応が大半です。
 ある意味、それが普通です。
 私自身も、そんな風に心の中で思っていることに気づかされました。
 これが自分の中で勝手につくる制限です。
 無意識にも、自分で『イヤイヤ、ムリムリ』と思っているのです。

 だから本城さんのように、自分の夢を語れる人や、人の夢を受け入れてくれる人がカッコよく映るのです。

 『俺も誰かのヒーローになりたいんだ』

 そう言い切った本城さんのラストシーンは見事です。
 あれだけの殺陣をやりきるのは、相当な訓練が必要だと思います。
 イン・ザ・ヒーローは映画の裏の裏の裏側まで、教えてくれます。

 P.S.
 唐沢寿明さんも、とても50歳とは思えぬ身体です。
 最後の殺陣は圧巻で、まさにヒーローです。
 

AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

すでにやった気分でいよう。

苦手意識は、ただの思い込みということがほとんどです。
以前の失敗体験などからそう思い込んでしまっているだけのようです。
本当に苦手なのかどうか一度試してみると、たのしい発見に出逢えます。



私は筋トレが大嫌いです。

そう思い込んでいました。

筋トレもやり方次第でヨーガになります。
まったく同じことです。
筋トレという呼び名が嫌いだったのかもしれません。

6月くらいから、自重のみでやっています。
腕立ては苦しいしきついから嫌でしたが、いろいろなバリエーションを作って、工夫して飽きないように続けています。
回数も特別決めていません。
主に、皆さんが更衣室で着替えている間に、ゲーム感覚で続けています。
着替えが長い人の時はプルプルしながら一定の体勢を保つようにしています。
着替えの早い人の時はスピードを上げて腕立てをしています。
そして着替えおわった気配と同時に、一気に呼吸を整える。
この一気に呼吸を整えることがヨーガでも大切なことです。
1~2回の深呼吸で呼吸の乱れを整え、脈拍も落ちつけられるように意識するのです。

そんな体を使った遊びにしています。
だから続いています。

あとはモチベーションです。
次、あの人に会うまでに変化した自分になろう。
それが最強のモチベーションです。
おかげで、うっすらですがお腹も割れてきました。
うっすらです。
体重は変わりありませんが、体脂肪は4%ほど落ちて現在9%台です。
初めての一桁です。
さらにやる気が湧いてきます。
むしろ体重を2~3キロ増やしたいです。



先日友達と2016年に海のきれいなところへ行こうと約束しました。
タヒチとかモルディブとか。
水上コテージから海にザブンっと行けるような場所です。

海の似合う体で行きたいので、それまでには、パワーと柔軟性ある体に仕上げたい。
隣に金髪美人がいてもイイような、ヒクソン(柔術家)の小型版のようなイメージをしています。
想像するのは自由ですし、想像できることは叶うかもしれませんから。
ヒクソンのように、ビーチでヨーガをしている自分の姿も、頭の中ではすでに出来上がっています。


P.S.
『世界のホテル』という本をいつも受付に置いてます。
ページを開くとすでにそこにいるかのような気分になります。

AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 1日 (月)

したいことを、黙々とやろう。

 知らずに黙々とやっていると、おもしろい場面に出くわします。



 仕事後の19時頃。
 徹夜状態だったので、クールダウンと言うよりは、眠気を覚ましたくて走りました。
 走るために一度家に帰ったのですが、やたらと路上に人が立ち止まっています。

 いつもの白金台へ向けて走り始めました。
 折り返しで桜田通りを走っていると、やはり沿道に人がたくさん立ち止まっています。
 車もやたら路駐しています。
 “花火が上がるのかな”
 “UFOでも出たのかな”
 私はずっと上を見ていましたが、なにもありません。

 日テレの車が車庫から出てきたのを見て気づきました。
 あ、24時間テレビか。
 立ち止まる気はなかったのですが、誰がいるんだろうとワクワクしました。
 “誰か観れたらいいなぁ”
 “ヒムロックはいるわけないな”
 “安室ちゃんか、松浦亜弥さんか、ミルコ・クロコップとかいないかなぁ”と思っていました。
 ちょうど休憩所らしきところから、城島さんが出てきて袖が触れたんじゃないかという距離ですれ違いました。
 城島さんが走るために開けられた道を、僕は知らずに走っていたわけです。
 『お、これはTVに写ったかも』
 そう思いながら走れて、さらに気分もよかったわけです。

 今回も100㎞ですか(200??)。
 24時間あるとはいえ、100㎞もの距離をよく走りますね。
 いまの私には、ちょっと考えられない距離ですが。
 城島さんは、相当疲れた顔をしていましたね。



 なにも知らずに走っていたからか、警備員の方に止められることもなく、普通に走らせて頂けました。
 逆に触ろうと近づこうとする人たちは、警備員の方におもいっきり制止されていましたね。
 追いかけると近づけるどころか、離れていくこともあります。
 なにも知らずに淡々とやっていくことで、いつの間にか手中に収めていることもあります。
 結果を期待して何かを始めるのではなく、ただしたいからそれをする。
 自分の今すべきこと、したいことに一点集中して取り組むことで、おもしろいことにも出逢えるように思います。
 『たのしいことないかな~おもしろいことないかな~なんかイイコトないかな~』と言っている人に、なにも起こらないのはそういうことでしょう。
 きっと、城島さんとすれ違うことを狙って走り始めていたら、出会っていなかっただろうな。

 P.S.
 
 しのぶさんにこの話をすると、『へー、24時間TVやってたんですかぁ』とやっぱり知りませんでした。

 AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »