« 関節エステセミナーを開催しました。 | トップページ | 『あの人だったらどうするか』と考え、行動していこう。 »

2014年9月29日 (月)

『慣れる』という習性を利用して、飛び込もう。

 自分を少しずつ変えようとするよりよりも、一気に地獄の底にまで追い込んでみる方がいい。
 あえて自分を極限に緊張する場所に追い込んでみることで、また違った世界が観えるものです。


 治療家仲間のさっちゃんが、ポールダンスの初舞台に、私としのぶさんを招待してくれました。
 習い始めて3か月程で、いきなり人前でダンスです。
 
 しかも、ポールダンスです。
 勇気のいることです。

 私は開業以来、トイレ掃除をいつも素手でやります。
 最初は抵抗がありましたが、おもいきってトイレに手を突っ込むと、『なんだこんなもんか』です。
 手を洗えば済むことです。

 人前に出ることも抵抗がありました。
 自分から前に出たのは高校生の頃のバンドが初めてかもしれない。
 『失敗したらどうしよう』という気持ちとの闘いでした。
 毎日必死に練習しました。
 うまくなったら出るという気持ちでは何もできません。
 『できないけど、できると言って、やっちゃおうか』が一番人生を加速します。
 時短で成長を手にすることができるのです。

 終われば、『やってよかった』と思えるものです。
 やらなければ、できた部分も、まだまだな部分もわからないからです。
 観えなかった世界を、観ることができるのです。



 やってみると意外とやれるもんだなぁ。
 たいしたことなかったぞ。
 

 そんな体験は誰にでもひとつふたつあるハズです。
 これはカウンセリングでいう、『フラッディング』と呼ばれる手法です。
 洪水という意味です。
 洪水のように湧き上がる不安や怖さも、その場を体験していくと、慣れてしまうのが人間なのです。

 皆さんは最近、極度に緊張するような場面に遭遇しましたか。
 あえて自分の身をそんな場に置いてみる。
 すると意外な自分の一面に気づいたりするものです。

 
 きっとさっちゃんは、舞台後、最高にうまい酒を飲めたことでしょう。
 私もまだまだ、自分から飛び込んで行こうと決めました。
 洪水のように不安や恐怖が襲ってきても、慣れちゃうんだからいいでしょ。
 やってみたいことは、どんどんやってみることです。
 私には無理かな、と思う話がきたら、あえて手を挙げてみることです。



 自分を少しずつ変えようとするよりも、一気に地獄の底にまで追い込んでみる方がいい。
 あえて自分を極限に緊張する場所に追い込んでみることで、また違った世界が観えるのです。



 P.S.
 緊張感のある場に自ら行ける人は、セクシーです。

 AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com
 

|

« 関節エステセミナーを開催しました。 | トップページ | 『あの人だったらどうするか』と考え、行動していこう。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

月曜日は本当にありがとうございました。射水先生のいう通り飛び込む前は、かなり追い込まれましたが(笑)終わってみて、挑戦して心から良かったと感じています。
また次のステップに進んでいきたいです。

投稿: 大沼祥子 | 2014年10月 1日 (水) 10時49分

さっちゃん、ブログコメントありがとう。
最近ブログコメント、誰からもないから、かなりのサプライズでした。(笑)

人前に出る緊張感って半端じゃないよね。
それを自ら手を挙げてできる人は、一握りだからね。
すごいことだと思います。
また次につながる、急成長を遂げた伝説のステージですね。
またみんなで集まりましょう。

投稿: 射水徹 | 2014年10月 1日 (水) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/460503/57532500

この記事へのトラックバック一覧です: 『慣れる』という習性を利用して、飛び込もう。:

« 関節エステセミナーを開催しました。 | トップページ | 『あの人だったらどうするか』と考え、行動していこう。 »