« 映画は、学ぶべきことを教えてくれる。 | トップページ | まだまだ、これからじゃないか。 »

2014年10月25日 (土)

目の前のことを大切にするから、大切な日が生まれる。

 『映画は冒頭が最も大切』
 以前、中谷先生から教えて頂いたことです。

 映画【イコライザー】の冒頭で、マーク・トウェインの名言が出てきます。
 『人生で一番大切な日は、生まれた日と、自分が生まれた理由がわかった日だ』
 この冒頭の言葉が、映画のあらゆるシーンと結びついてきます。

 主人公のマッコールが、『老人と海』を読んでいました。
 『私はこの老人の生き方が好き』と、以前ヒデミさんが言っていたことを思い出しました。
 すぐに買いに行って、私も読みました。
 教科書に載っていたようですが、勉強しなかった私にはまったく記憶がありません。
 老人が漁師としての人生の最期に、最大の大物と遭遇します。
 この大物との闘いの中に、老人は最高の『生きている実感』を得たのではないだろうか、と思います。
 『俺は、こんな闘いをもう一度したくて、今日まで漁に出続けたんだ』
 そんな老人の心の声が聴こえます。
 老人にとって海は、生きる場所であり、生きる理由なのです。


 偶然カフェでマッコールと出逢った少女が、『もう釣れた?』と聞くシーンがあります。
 マッコールは少女に、老人は人生の最後に、最高の敵に出逢えたのだ、と話します。
 この出逢いがマッコールの静かな生活を一変させます。
 元CIA工作員としての力を使う生活が始まるようになるのです。
 『罪のない人が酷い目にあうなら、容赦しない』
 それが、マッコールの本当の生きる道だったのです。

 PG-12と年齢制限のある映画だけにエグいシーンも多いのですが、マッコールが本当の自分を生きることが、未来を想い描けずにいた少女の生きる道に、光を灯しました。
 生まれてきた理由がわかった二人は、再び出逢い、笑顔でそれぞれの道に向かいます。


 『なんのために生きているのか考えよう』とよく本に書いてあります。
 そんなことをイチイチ考えていても、しょうがないように思います。
 今目の前のことにしっかりと向き合っていく中で、のちに自然と感じるものだと思うのです。
 あとづけです。
 マッコールも目の前のヘルプに対して、黙っていられなかった。
 ただそれだけです。
 そして、火の中に自ら足を踏み入れていくのです。
 少女も、変えられぬ現実を、それでもなんとか生きようとします。
 そして道が、一気に開けたのです。
 今の自分の持ち場をしっかりと生きていけ。
 この映画からキャッチした、メッセージです。

 P.S.
 最初と最後では、少女の表情がまるで別人です。
 1000倍、可愛くなりました。

 AQUA PURE カイロプラクティック http://www.pure-chiro.com

|

« 映画は、学ぶべきことを教えてくれる。 | トップページ | まだまだ、これからじゃないか。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目の前のことを大切にするから、大切な日が生まれる。:

« 映画は、学ぶべきことを教えてくれる。 | トップページ | まだまだ、これからじゃないか。 »