« 芸術作品は、ファイティングスピリットの塊だ。 | トップページ | 感動体験から、オリジナリティは育っていく。 »

2015年7月17日 (金)

過去には、これからのヒントがある。

 姿勢リフォーム整体がスタートして、1週間が過ぎました。

 アクアピュアとして開業する以前、私は高輪にあったカイロプラクティック院に勤めていました。
 まだ金髪だった頃です。
 その頃のことを思い出さざるを得ぬことが、続いています。
 こないだミカさんと当時の話になりました。

 「先生の頭が黄色で、私ハズレクジ引いちゃったと思ったからね。」
 たしかに、金髪の白衣が出てきたらそれは嫌だ。
 
 「一緒にいった友達が女性の先生担当になって、『あ~いいな~』って思いましたから。」
 24~26歳くらいの時ですから、もう10年以上たっています。

 10年前はちょうど、『もう自分ではじめよう』と思った頃です。
 タバコや髪を染めることをやめたのがその頃です。
 自然に色を戻したから一時的にプリン状態で、ミカさんはきっと余計に酷かったのを見たのだと思います。

 10年前を思い出す出来事が続きます。
 その頃の方が「先生、お久し振りです~」と姿勢リフォーム整体に来てくれました。
 10年振りでも、顔も名前も話していたこともよく覚えていて、私が最初に聞いたのは、「今はネコ、何匹いるの?」でした。
 一瞬で10年の空白が埋まる不思議な感じでした。


 10年前を思い出せ、ということなのだろう。
 ここ最近のできごとは、そういうメッセージなのだと受け取りました。
 開業前は頭金を貯金することと、本や毎月のセミナー代にお金が必要だったから、カイロ院の勤務時間以外の早朝と、終わってから夜中までアルバイト漬けでした。
 きつかったかと言うと、実はそうでもなかった。
 ホテルでの荷物運びにしても、ピザの配達にしても、イヤイヤやっていたことがないからだと思う。
 ひとつのことに向かっていく我武者羅さがものすごくあった。
 体を壊し入院したことがあったから、体には無理が出ていたのでしょうが、精神的には、あれ、おかしいな、くらいなものでした。

 今は、どうだろうか。

 我武者羅の形は違えど、これから生きていく上での姿勢を追究する。
 自分自身の生き方を追究するのだ。
 姿勢リフォームと名前を付けたけど、まずリフォームすべきは日々の自分自身の在り方だと思い、そう名乗った。
 受付のサインを観るたび、自分自身に問うように。
 日々、自分の姿勢を見つめていかないと、あっと言う間にまた10年が過ぎてしまうような気がしています。
 10年後の未来は、今、この瞬間の姿勢でまったく違ったものになるハズだから。

 P.S.
 ずっとアクアピュアに通ってきてくれている方も、姿勢リフォームははじめてなわけです。
 まずは、引き続き足を運んでくれた方々に、感謝のハガキを今日も届けますね。

【新しい院の場所】
Img064
☎03-5888-5172
品川区西五反田1-33-10
西五反田サインタワー5F
【姿勢リフォーム整体】
射水徹

|

« 芸術作品は、ファイティングスピリットの塊だ。 | トップページ | 感動体験から、オリジナリティは育っていく。 »

心から感謝!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/460503/60781830

この記事へのトラックバック一覧です: 過去には、これからのヒントがある。:

« 芸術作品は、ファイティングスピリットの塊だ。 | トップページ | 感動体験から、オリジナリティは育っていく。 »